/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

エリクシノールのCBDオイルを試してみたら、すごくリラックス効果があった

エリクシノールのCBDオイルを買ってみました。キッカケは高城剛氏のサウンドメディテーションです。

f:id:dasblog:20180820230231j:plain

高城剛氏は再三メルマガで、CBDオイルと瞑想の組み合わせは良いとおっしゃっておりました。さらにDJ Takashiroが奏でる音楽とのコラボレーションもあるとのことで、善は急げということですぐさま申し込みました。

今思えばこの決断は間違っておらず、氏はこれ以後サウンドメディテーションを開催しておりません。

 

この日のために組まれた特別なサラウンドスピーカーに囲まれ、輻輳する「ゆらぎ」を聞きながら、より効果を高めるために、希望者にはCBDオイルをとっていただき、「あたらしい感覚」を体験していただきます。

くつろいでいただいても、眠っていただいても構いません。
不思議な空間のなかで、ノビノビとヨガと瞑想を楽しめます。
走るコツを話す人は多くいらっしゃいますが、睡眠やリラックス、そして知覚の扉を開くコツを話す人は、ほとんどいません。

ようこそ、あたらしい体験へ。
皆様のご参加をお待ちします!

<登壇者>
講師兼DJ:高城剛 / itsuki(Deportare Clubヨガトレーナー)

高城未来研究所「Future Report」Vol.345

 

 

さて、そこで使われていたCBDオイルがエリクシノールのリトリートオイルカプセルでした。これがこの記事の主題です。

f:id:dasblog:20180820232924j:plain

CBDオイルのせいか、それとも瞑想のせいか、それとも音楽のゆったりしたビートのせいか、原因はわかりませんが、あのサウンドメディテーションのあと強烈にリラックスできたことを覚えています。

 

私は普段からよく寝れる方ですが、その次の日は昼まで寝むり、さらに夜も快眠でした。

体がだんだんと重くなり、まるで酩酊気分がない大麻のような感じでした。

 

 

あのサウンドメディテーションは間違いなくリラックス効果があったと断言できます。自分自身が体感できていることがなにより説得力があります。

リラックスできた要因はCBDオイルだったのでしょう。その感覚をもう一度体感すべく、今回購入にいたりました。

 

しばらく服用してみて

購入してから2週間ほど経過したので、レビューします。

結論からいうと、結構いいです。購入価格が8,800円で60粒入っているので、1粒あたり150円ぐらいです。

まだ1日1粒しか飲んでいないのですが、1回あたり150円以上の効果があるのかというと、まじであります。

心身共にリラックスするなら1日150円ぐらい払いますw

 

パッと見はただのカプセルに入ったオリーブオイルです。「ほんまにオリーブオイルちゃうやんな?」と疑い、舌の上で転がしながらカプセルを潰したら、出てきたのは苦〜い液体でした。ちょっと青臭かったので、大麻から抽出したCBDオイルなんだろうなって感覚的に理解できました。

 

f:id:dasblog:20180820232827j:plain

で、効果はどうなのかってところですが、初めはプラシーボ効果も疑いました。

ですが、明らかに眠りが深くなった感があります。初めて服用した次の日なんて朝起きれないほどでしたから。

だからもしも初めてなら絶対に次の休みの時にした方がいいですよ!!!

 

さらに効果を感じたのは、先日海へ行ったときのことです。

普段は暑い日中に、車で寝れるほど寝つきがいい人間ではありません。ですが、このCBDオイルを服用しているおかげが、ぐっすり眠ることができました。

しかも、眠いっていう欲求ではなく、気持ちよく寝れるんですよね。それをリラックスっていうなら、このCBDオイルは間違いなくリラックス効果があります。実感できます。

 

f:id:dasblog:20180820232837j:plain

 

高城剛はCBDオイルについてこのように言っている

CBDオイルは認知症予防に効果あり

いま、認知症にとても効果があると世界的に注目されているのが、大麻です。
医療大麻を吸引することで反応する、それぞれ病気・症状により違う受容体が42ありまして、各症状の治療で効果的な受容体反応させるには、抽出温度や吸引方法など効果的な方法が必要なのですが、日本ではまったく研究が進んでいません。
この受容体については今まで99%がTHCとCBDの2種類だけで、後がまったくなかったのですが、世界的には次々大きな発見と発表がなされていますので、どこかで解禁せざるを得なくなるでしょう。
そのうち、日本も医療大麻解禁になるでしょうから、食事の前後に認知症予防のために、一服する人が増えるでしょう。

高城未来研究所「Future Report」Vol.249

 

 CBDオイルには違法成分のTHCが入っている場合があるので、輸入元の会社をよく見よ

CBDオイルの効果は、本当に素晴らしいですよね。
ただし、現在日本に入ってきているものは怪しいものも多く、それゆえ、税関もピリピリしているんです。
僕も驚いたのですが、日本のメジャーなオンライン販売を行っている会社のサイトには、CBDオイルといいながら、違法成分のTHCが入っているものが、堂々と売られているのを見かけました。
正直、なにかなんだかわからないですよね。
そこで、確かな製品を読者大感謝忘年会でご紹介できないかと考え、現在輸入元にお聞きしている次第です。
もし、間に合えば、世界最高の製品をご紹介できると思います。
間に合えば、ですけど。

高城未来研究所「Future Report」Vol.278

 

メラトニンとCBDの組み合わせで抜群の眠りを実現

人間の免疫力をもっとも低下させるのは睡眠不足で、これを是が非でも解消する必要が誰にもあります。
一般的には、睡眠の鍵は日中の生活にありますので、まず、できる限り陽にあたり、その下でリズム運動をすることが、もっとも睡眠を即します。
それでも解消しない場合、睡眠導入剤に抵抗があれば、メラトニンとCBDの組み合わせが抜群です。
僕もどうしても時差ボケが解消できない場合に、アメリカのスーパーなどで買ったメラトニンを飲むことがありますが、最近は、メラトニンを少量にして、CBDオイルを併用するようになりました。
僕の経験では、これが一番爆睡!しますね。

高城未来研究所「Future Report」Vol.279

 

 医療大麻=CBDオイルではない

医療大麻とCBDオイルは別物ですよ。
医療大麻=CBDオイルではありません。
言うまでもなく、良いCBDオイルは、かなり効果的です。
勿論、「そのまま数滴ほど舌に垂らしただけ」でも。
「真実のなかに、わざと嘘を織り交ぜる」を無しに(笑)。

高城未来研究所「Future Report」Vol.288

 

大麻産業界は90年代のインターネット産業のように花開く

誰もが「リスキーに感じ」絶対に失敗する、と言ってた時代に、果敢にインターネットの決済銀行を作った人物がいます。
それがペイパルの創業者ピーター・ティールです。
そして、彼こそが現在、医療用と娯楽用大麻業界最大の投資家なんです。
その上、ピーター・ティールは、トランプ大統領の側近中の側近で、政権移行チームのひとりでした。
これだけ見ても、米国の大麻産業界は大きく花開くでしょうし、いまや「大きな可能性を感じ」るとお考えの人たちが集まっていますので、資金は豊富です。
まるで90年代のインターネット産業のようにね。
きっと「日本式システム」の抵抗はあるでしょうが、CBDオイルは「日本式システム」(実は近しい周囲の目)に負けない人たちが多ければ、徐々に普及するでしょう。

高城未来研究所「Future Report」Vol.294

 

CBDオイルでも自分に適したものを探すことが大事 

CBDでも数多くの品種があり、そのなかでもっとも自分に適したものを、僕はニューヨークで脳波を調べて探り出しました。
それにより、「僕のモノ」であるCBDと量を理解している次第です。
ちなみに、リキッドのメラトニンとCBDを気化するのが、時差ボケ解消に最適ですね。

高城未来研究所「Future Report」Vol.296

 

究極のリラックス効果?

抽出濃度80%超のCBDオイルを飲んで、8.5hzの振動でAmplitude 4mmにして体を揺らすと効果倍増という、ロッキー山脈の麓に住む理学療法士の自宅に行って効果を試したり(スゴいです!)

高城未来研究所「Future Report」Vol.308

 

 てんかんの特効薬としてのCBDオイル

英米でてんかんの特効薬として大きく取り上げられているのが、CBDオイルです(goo.gl/aQd11l)。
マウスの実験ではCBDの投与量は最大で5mg/kgで行われており、体重1kg当たり1~5mg程度で効果があると言われています。
マウスの代謝速度はヒトの7倍程度ですので、人間の投与量は体重1kg当たり0.2から1mg程度ですから、体重50kgで1日10~50mg程度で効果が現れることになります。
米国CNNで小児てんかん患者のドキュメンタリーを放送後、多くの患者がこの事実を知り、CBDの普及がはじまりました。
また、もしCBDを日本で入手しようとお考えでしたら、必ず、日本用に出荷されたものをお選びください。
並行輸入やラベルを変えただけのものは、品質に信頼が置けません。

高城未来研究所「Future Report」Vol.311

 

西洋と東洋の代替医療の交差点

最近、僕はCBDと井穴刺絡の可能性を自分で追求しており、まさに西洋と東洋の代替医療の交差点が、ここにあります。
特に睡眠を短時間で深くすることに利用しており、それなりの効果が出てきました。
僕も効果が出すぎないように、注意しながら進めています。
「リラックス効果は抜群」ですが、やりすぎると「やる気がなくなったように感じる」ようになってしまいますから。

高城未来研究所「Future Report」Vol.312

 

抗酸化力がある

CBD単体で言うと、非常に抗酸化力が高いのです。

高城未来研究所「Future Report」Vol.323

 

 ペット用CBDオイルもある

米国では、ペット用(特に犬)CBDオイルが販売されています。
実はこれ、内容物は人間のためのCBDと同じで、別の流通チャネルを確保するために、ブランディングしているに過ぎません。
CBDがてんかんに効果があるのは、CNNで散々放送された米国在住の強度の小児てんかんだったシャーロット(当時6歳)のケースでも明らかです。
はじめは、少量ではじめて、徐々に量を増やして様子を見るのがいいでしょう。

高城未来研究所「Future Report」Vol.330

 

 良いCBDオイルとメラトニンで不眠症を解消

たいしたことなければ、メラトニンを飲む程度で十分眠れます。
オススメは、良いCBDオイルとVitai社の3mg(goo.gl/yKBBVX)を1錠から3錠、寝る30分前に飲んで深呼吸を繰り返し、部屋を暗くすることです。
周囲の同じようなお悩みの友人を見ますと、まず、このセットで長時間爆睡ですよ!

高城未来研究所「Future Report」Vol.333

 

個人輸入には気をつけて

CBDオイルは米国内で購入可能ですが、たとえ個人でも輸入目的の製品選びには同じように注意が必要です。
特に、渡航先がワシントンDCではなく、ワシントン州なら、なおさらです。
その理由は、THCが合法な州ですから、混入してても問題にならないからです。
ご注意ください。

高城未来研究所「Future Report」Vol.334

 

CBD樹脂はリラックス効果がすごい

「CBDオイルには、液体状で口から入れるものと、べイプ等から吸引する気体のもの」のどちらが効果的かは、モノによって、吸引が向く製品と、舌下がいい製品にわかれています。
しかし、良いメーカーは、ベポライザー用のカートリッジもしくは専用リキッドを発売してません。
そう考えると、いまは舌下のほうが、より効果を得られるのでしょう。
また、「今まで出会ったCBDオイルのNO.1」は、今年ウィーンで見つけた逸品です。
見た目は、まるで大麻樹脂そのものなんですが、これが世界初のCBD樹脂なんです。
「液体のものと気体にして吸引するもの」の、どちらでもありません。
これは、メチャ効きました&スーパーリラックスでした。
見た目のイメージによるプラシーボなのかもしれませんが。

高城未来研究所「Future Report」Vol.338

 

毎夜実験

日中のトレーニングやピラティス、ヨガ、そして心拍数を保つランとファストウォーキングに、鍼灸をはじめとする各種代替医療はもとより、メラトニンやCBDなどサプリメント、そして食事や睡眠のタイミングなど、あらゆる組み合わせを試しながら、毎夜実験しています。
また、就寝時に特定の周波数(ピンクノイズ)を流し、より睡眠導入が深くなる周波数を探しました。

高城未来研究所「Future Report」Vol.341

 

「CBD」と「GABA」の組み合わせが良い

「メラトニン」は、米国の医師が使用する頻度が極めて高いサプリメントで、スーパーマーケットのレジ脇に置かれているほどポピュラーです。
その理由は、高い効能がある一方、副作用がほとんどないからなのですが、日本では販売されていません。
こんな効能が高いサプリが、駅前で1ヶ月分1000円で販売されたら、高価な上に医師が独占している「睡眠導入剤」が、売れなくなってしまいますから。
ですので、合法的に個人輸入するしかありません。
また、翌日に期待して眠れなくなってしまうことはありませんが、当日の夜に興奮して、なかなか寝付けないことは、僕にもあります。
そんな時には、「CBD」と「GABA」の組み合わせが、効力を発揮します。
日本は、サプリメント市場は1兆5000億円もあるのに、良い商品がほとんどありません。
その理由は、カリフォルニアの「Prop65」のような厳しいレギュレーションがないため、メーカーのやりたい放題できるのが現状なんです。
かくして日本では、マーケティングにより「体にいい」と錯覚させる「実は糖質がほとんどの品質が悪いサプリメント」と、「医師が独占している薬剤」のふたつの選択しかないのです。
自分の身は、自分で守るしかない時代なんでしょうね。
「先生」と呼ばれる方々の意見を、なにも考えず鵜呑みにするほと怖いことはありませんよ。

高城未来研究所「Future Report」Vol.344

 

 CBDがまだまだこれから

先日、何名かのクライアントに同行し、アナハイムで開催された米国西海岸最大規模の健康食品、自然食品関連の見本市「Natural Products Expo」に伺いました。
今年のトピックは、やはりCBDでしょうね。
新興企業の数に驚きました。
ほぼすべてのメーカーと話しましたが、製品は玉石混合なのが正直なところで、しかし、良い製品は効能も高く、もう少し右往左往しながら注目を集めるでしょう。

高城未来研究所「Future Report」Vol.353 

 

  時差ボケの際には、CBDとメラトニンで調整

時差ボケも頻繁にありますが、基本的に24時から25時の間に寝て、朝7時前後に目覚ましなしで起きることが多い日々です。
時差ボケの際には、CBDとメラトニンで調整しています。

高城未来研究所「Future Report」Vol.360

 

CBDはこれらのバランスを整え、病気を予防する効果がある

CBDはTHCと違って向精神作用を引き起こしません。
つまり、CBDの成分を体内に取り入れても、ハイになることはないのです。
THCもCBDも化学式は同じで、原子の配置が若干異なるだけですが、両者の大きな違いは、THCは人体にある受容体と結合して作用をもたらすが、一方のCBDは結合しないため、向精神作用が起きないということです。

・・・中略・・・

THCは気分をハイにしますが、CBDはむしろ気分を落ち着かせ、リラックスさせる効果がありますから、ストレスを軽減したり、コントロールしたりするには効果があるでしょうね。
それからCBDには神経を保護する効果もあります。
たとえば、アルツハイマー病やパーキンソン病、などの神経変性疾患は脳や脊髄にある神経細胞のうち、特定のものが徐々に障害を受け、機能を失ってしまう病気ですが、CBDはこうした炎症を抑制し、症状の悪化を防ぐ効果があると期待されています。

・・・中略・・・

CBDには免疫システムのバランスを整える効果もあります。
免疫が過剰になれば食物アレルギー、皮膚炎、喘息などのアレルギー反応が起こり、一方、免疫システムが低下すればがんや感染症の発症リスクが高くなります。
CBDはこれらのバランスを整え、病気を予防する効果があるとされています。

高城未来研究所「Future Report」Vol.362

 

store.shopping.yahoo.co.jp