/*「詳細設定」->「headに要素を追加」にコピー*/

メモの魔力を読んだので要約とレビュー 前田祐二著

普段からメモ魔なので、話題になっていたSHOWROOM前田祐二著の「メモの魔力」を読みました。

実用書だったので、読む価値ある本でした。しかも自己啓発の要素もありで、盛りだくさん。

特に就活生にとっては、すごく価値が高いと断言できます。

 

 

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/510MVcp7zoL._SX338_BO1,204,203,200_.jpg

 

メモはアイデアに転換できる

一体、どんな魔力なのか。まず、メモをとると、あらゆる日常の出来事を片っ端からアイデアに転換できます。一見価値のなさそうな、普通の感覚では誰もがスルーしてしまう小さな事象でさえ、メモすることで、それはアイデアになる。メモの魔力は、日常をアイデアに変えるのです。一体、どんな魔力なのか。まず、メモをとると、あらゆる日常の出来事を片っ端からアイデアに転換できます。一見価値のなさそうな、普通の感覚では誰もがスルーしてしまう小さな事象でさえ、メモすることで、それはアイデアになる。メモの魔力は、日常をアイデアに変えるのです。

 

メモは知的生産に使ってこそ、本領発揮できる

 

それが、二つ目のメモ、すなわち、「知的生産のためのメモ」です。メモは、情報伝達ではなく、知的生産に使ってこそ初めて本領が発揮されるということを、これから説明していきます。

 


メモによって鍛えられる5つのスキル

① アイデアを生み出せるようになる(知的生産性の向上)

② 情報を「素通り」しなくなる(情報獲得の伝導率向上)

③ 相手の「より深い話」を聞き出せる(傾聴能力の向上)

④ 話の骨組みがわかるようになる(構造化能力の向上)

⑤ 曖昧な感覚や概念を言葉にできるようになる(言語化能力の向上)

 

メモを取るメリットは、自分の頭を有益な情報を生み出すことのために使うことができること

本書冒頭でお伝えした通り、メモをとることで、まず何よりも、①知的生産性が増します。余分な情報はストックしておいて、自分の頭を有益な情報を生み出すことのために使うことができます。

 

メモ取りノートの使い方

ノートは見開きで使うノートは原則、「見開き」で使います。「さて、実際の使い方に入っていきます。まずは左側のページから、具体的な使い方を説明します。左側のページに書くのは、「ファクト」。つまり、どこかで見聞きした、客観的な事実を書きます。

ミーティングであれば、そこで交わされた会話の内容を掻い摘んで書きますし、仕事以外の場面でも、何か自分の琴線に触れたものがあれば、その現象自体が「ファクト」なので、左側のページにまず書き記しておきます。

次に、右側のページに移ります。通常のノートの常識に則れば、おそらく、右側も左側と同様に、単にファクトを連ねていくためのスペースとして使われることでしょう。その感覚が染み付いてしまっている人は、最初、右側を空けておくのが、少しもったいない感じがすると思います。

それでも、心を鬼にして、右側を空欄にしてください。

 

f:id:dasblog:20181227011305p:plain

 

「ファクト→抽象化→転用」という最強のフレームワーク

 

最重要ポイント

① インプットした「ファクト」をもとに、

② 気づきを応用可能な粒度に「抽象化」し、

③ 自らのアクションに「転用」する。

この三つに尽きます。

 

必ず抽象化と転用をすること 

「ファクト」を書きっぱなしにしておいては、そこからは何も生まれません。必ず一度自分で書いた少なからず「興味深い」と感じて、世界から自分が切り取ったーーーファクトをどこかで振り返ってそこからの気づきを「抽象化」する。そして、アクションに「転用」する。シンプルですが、メモというフォーマットを通じてこのプロセスを自分の手に、そして脳に染み込ませることが、知的生産性を上げる上で非常に役に立ちます。この魔力をひとたび身につけると、不思議なほど世界が違った場所に見えてくるでしょう。

 

色を使ってわかりやすく

ファクトに対して自分が思ったこと、つまり主観的な発想は、緑色で書きます。ファクトを書きながら同時に緑色で主観を書き込む癖をつけると、自分の意見をスピーディーに構築・発信する力が急速に増します。だんだんと、メモを俯瞰したときに緑色が少ないとちょっと気持ち悪いくらいの感覚にすらなってきます。そうなったら、強いです。そして、緑以外の3色は、客観です。黒はふだん使いの色で、ファクトを書きます。青と赤は「重要度」で使い分けます。青は「やや重要なこと・引用、参照」、赤は「最重要なこと」です。

 

 

「重要度」で色分け

ポイントは「緊急度」ではなく「重要度」で色分けすることです。「緊急度」は自分の判断に関係なく、外部要因で勝手に決まってしまう場合が多い。つまり、緊急度は自分で決める性質のものではなく、問答無用で、緊急なものは、緊急なのです。

f:id:dasblog:20181227011331p:plain

 

「標語をつける」力がつくと、場を回せる

「モデレーションがうまい人や、飲み会などで場を回せる人は、例外なく、この「標語をつける」力があります。そういう人は話を構造化し、アイデアを生む力に長けた人である可能性が高いと言えるでしょう。標語を上手につけられると当然、発信能力・伝達能力も同時に引き上がっていきます。メモの本質は「振り返り」にあります。振り返ったときに、そこから抽出できる学びの要素が少は信じられないほどたくさんある。「ファクト」を「抽象化」して、それをどういう風に自分に「転用」してアクションするのか?そこまで導き出して初めて、メモとしての意味が出てくるのです。

 

抽象化を理解するならこの本を

抽象化についてより深く考察する上で、細谷功さんの『具体と抽象』という名著が非常に勉強になるでしょう。

 

メモとは

メモとは、生きること。あなたのメモを、そして、メモで変わったあなたの人生を眼前にするその歓喜の瞬間を、心から待ちわびてやみません。メモの魔力が僕らを引き合わせてくれる、その日まで。

 

さいごに

メモを取るメリットが非常に理解しやすい本でした。前田氏が使っているメモの商品化も進んでいるみたいですし、発売されたら早速購入したいと思いました。

 

それにしても、箕輪氏が編集する本は読みやすく、頭にスって入ってきますね、