瞑想をするならMuseの機械を使って、リラックス中の脳波データを可視化しよう

Muse2を購入しました。

こんなニッチな商品、私以外に興味ある人は少ないでしょう。

 

何をするかっていうと、瞑想している時に自分の脳波を数値で出してくれるウェアラブル端末になります。

 

f:id:dasblog:20190115004835p:plain

 

それなりに高かったです。

249ドルに加え、国際送料などで、なんやで3万円近くしました。注文は全部英語で実行するのですが、そこは別になんとかなります。決済まで5分ぐらいでした。

私はクレジットカードで決済しました。

 

で、注文してから届くまで約1ヶ月掛かりました。

発送したら注文完了メールが来るのですが、発送元はなんとアイルランド。そりゃ時間掛かるわ、と。

 

 

なぜ3万円出して、Muse2を購入したのか?

キッカケはユヴァル・ノア・ハラリのホモ・デウス 下を読んでからです。それまで瞑想習慣はあったのですが、上記本を読んでから、データが大事な時代になると理解しました。

であれば、瞑想もデータ化できないかと考えたのです。

 

余談ですが、ユヴァル・ノア・ハラリが謝辞を送っていたS・N・ゴエンカという方は、ヴィッパサナー瞑想に携わった人で、親近感を感じました。

 

脳波をデータ化できるなんて、いまから10年前では大掛かりな機械が必要で費用も莫大に必要だったことでしょう。それが今なら、たった3万円でアプリ付きと考えたら安いです。

さらに、高城氏がメルマガで言っていたことを思い出しました。

 

▽Q.7▼▽
脳波ログが気になり自分の取り入れてみたいなと思いました。

脳波ログを取るにはどのような機器が必要なのでしょうか?

また最近心拍数をしっかり確認しながら効率的にダイエットをと思いまして心拍計が付いているスマートウォッチも探しているのですが、ただ心拍計としてではなくライフログや脳波ログなど様々な使い方が出来るスマートウォッチを探しております。

何かオススメな機器等ありましたらご伝授のほどよろしくお願いします。

 

【 A 】

脳のログを簡易的に取れるガジェットで手頃なのは、Muse(http://bit.ly/2TP4XvR)です。

ビット数は低いのですが、入門機としてお勧めで、SDKが充実してますので、サードパーティによるサービスも充実しています。

また、ログを取るのはスマートウォッチではなく、あくまでもスマートフォンですので、これをターミナルにしてクラウドに送るのが、いまのスタイルでしょう。

ですので、心拍数はapple watchで取り、睡眠は別の活動量計で取り、脳波はまた別のEegで取って、すべてをスマートフォン経由でクラウドに送るのですが、相互データの互換性は、いまだ確立していません。

この不便さがある限り、この手のディバイスやサービスは、まだまだ伸びる可能性が高い、ということです。

冷え切ったIT業界で、唯一期待できる分野ですね。


2016/12/23 高城未来研究所「Future Report」Vol.288

 

 

善は急げ。

ということで購入に至りました。

 

使用レビュー

すごく大きいダンボール箱でやってきました。開けたら、この写真の箱と、持ち運び用のケースがついていました。

アイルランドとという遠い場所からやってきたと思うと、なんだか感慨深いです。

 

f:id:dasblog:20190115004716j:plain

 

箱から本体のMuseを出したら、こんな感じです。 

 f:id:dasblog:20190115004726j:plain

 

おでこにつけて使用する分、軽く設計されていました。ただ、耳にフックするところにいろんな機械が詰まっているのか、相対的にずっしりとした頑丈な感じはあります。

 

金属の部分におでこをつけて、瞑想開始です。

 

https://choosemuse.com/app/uploads/2018/10/Left-muse-2-hero-5050.jpg

 

始め方はいたって簡単で、Museのアプリをダウンロードして、Bluetoothで接続したら使用することができます。

アプリの画面はこんな感じです。

https://choosemuse.com/app/uploads/2018/10/home-ui-brain-signals-1.jpg

4つ、瞑想方法を選ぶことができます。

気分に合わせて、瞑想メニューを選びましょう。

 

改善して欲しい点

下記の質問内容と同じように、感じている手応えが違う時がありました。

 

▽Q.5▼▽
高城さん、こんにちは。

Museを購入し日々瞑想に勤しんでます。
そもそも瞑想ビギナーなのでなんともいえませんが、自分の感覚とMuseの結果にズレを感じることがあります。

いい状態の手応えがあっても、Activeだったり、よくわからない状態でもピヨピヨ聞こえてきたり。
高城さんが深い瞑想に入ってるときMuseは常にcalmを示してますか?
教えてください。

 

【 A 】

Museに代表される簡易Eegディバイスは、まだ8ビットですので、精度に正確さを求めるより目安として使うことが大切ですが、それ以前にセンサーがきちんとあたってないこと(例えばおでこが乾燥してて)なども、数値異常の原因としても考えられます。

また、最近多くの人がお使いの活動量計も、メーカーによって数値が大きく異なるのが現状で、これらはあくまでも目安に過ぎません。

しかし、Museはサードパーティのサービスと月極め契約することで、それなりの分析結果を得ることもできますし、僕もこれを活用して、それなりの結果を実感しています。

もし、これら以上に本格的な精度をお求めでしたら、64個以上のセンサーと周波数特性が広い32ビット以上のディバイスをお使いになることをおススメします。

少し高額ですが、精度の違いに驚くはずです。

2017/02/17 高城未来研究所「Future Report」Vol.296

  

あとMuseのアプリを使うとなると、瞑想メニューから選んで始める前には、一旦脳波を測る必要があります。おそらく脳波を測るための準備か何かでしょう。

その準備の時間が長い!

1分から3分ぐらいありました。

 

さぁ瞑想を始めようってなって、部屋を暗くして、アプリを起動して、瞑想準備でひたすら待つ時間っていうのは永遠に近い長さです。秒針を見ながら1分間待つのと同じぐらい長いです。

それが不満でした。

 

ですが、瞑想のデータを取れるっていうのは、面白かったです。

 

瞑想データの使い道はなに?

高城剛氏は、脳波を使って楽曲制作しているみたいです。

▽Q.17▼▽

先日、podcastで配信頂いた瞑想用のハウスを聴きながら瞑想をすると、museを使って脳波を測定した結果が明らかに向上していました。

あの音楽にはどのようなトリックが仕込まれているのでしょうか?

 

【 A 】
トリックもなにも、自分で脳波を測りながら作っただけですよ。このような楽曲制作方法こそ、「新しい視点」なのかもしれませんね。

2017/04/21 高城未来研究所「Future Report」Vol.305

 

 

例えば、他にも脳波を使ってお化け屋敷とか、怪談話をして、誰が実はビビりかを測ることもできるでしょう。

あとは、どの匂いを嗅いだら、人は脳波的にリラックスしているのかを測ることができるかもしれません。

 

Muse2はYoutuberとかに合っているかも、ですね。

 

https://choosemuse.com/

 

www.amazon.com

 

CBDオイルと音楽、そしてMuseは相性がいい

瞑想はリラックス効果をもたらすことで有名ですが、CBDオイルもリラックス効果をもたらすと実験を通して感じました。

音楽を聴きながらCBDオイルを摂取して、その脳波をMuseで測るなどしたら、面白いデータを取れるんではないでしょうか。

 

こちらも記事もどうぞ。

 

www.craftgrapher.com