いまから仮想通貨買うならとりあえず0x(ゼロエックス:ZRX)でしょ

今年の1月に仮想通貨は最高値をつけました。そこから価格は下落し、いまやビットコインの価格は最高値の約3分の1となってしまいました。

 

とはいえ、ブロックチェーンの信頼が3分の1になったわけではありません。1月から今で半年。その間にブロックチェーンを取り巻く環境は日々進化しています。

 

その中でも最近coinbaseで取り扱いが発表された0xについてを、この記事ではご紹介したいと思います。

https://blog.coinbase.com/coinbase-is-exploring-cardano-basic-attention-token-stellar-zcash-and-0x-9e44f0eb823f

https://blog.coinbase.com/coinbase-is-exploring-cardano-basic-attention-token-stellar-zcash-and-0x-9e44f0eb823f

 

私が0xを購入したキッカケ

0xを購入したのは今年の暴落後の3月です。銘柄を何種類か持っていたのですが、持っているだけで値段が上がる時代は終了だと察知し、「よりスケールする通貨はどれなのか?」という視点で新しい投資先を探していました。

さらに、「ちゃんとした動くモノ」があることも条件に入れていました。

 

たどり着いたのがDEX銘柄として有名な0xでした。

 

0xが魅力的なのは、様々なブロックチェーンの間を取り持つ、プロトコルの性質を持つことです。つまり、0xを使ったアプリ(例えばaugur)などの利用者が多くなれば、必然的に0xも使われる用途が多くなります。

 

仮想通貨はまだまだ黎明期ですし、市場も過熱気味です。ICOなどホワイトペーパーのポエムだけで巨額のお金を集めることができるほど、規制もクソもありません。

そんなカオスな仮想通貨業界のなかで、ブロックチェーンとしてちゃんと動くアプリがあるかないかは信頼性に非常に関わります。

 

0xかKyber network、Bancorで迷いましたが、0xを使ったアプリが多かったのが最終的な決め手になりました。使う人が増えれば、需要が増え、需要が増えれば価格が上がるのは経済学の基礎です。

 

Mediumに、こんな記事もありました。

0xはEthereumプロトコルの中のゴールドスタンダードです。
すべての暗号通貨を見てみても、0x以上のプロジェクトが構築されているプロトコルはありません。

0xの技術は、Ethereumプラットフォームを真に推進する存在です。その上に構築された大きなプロジェクトのリストを見るとその意味がわかるでしょう。

 

0x is the gold standard amongst Ethereum protocols

There is no protocol in all of crypto that has more projects being built on top of it. The 0x technology is genuinely and meaningfully driving the Ethereum platform forward, and that big list of projects building on top of it reflects that.

Why ZRX will be Listed on Coinbase this Summer – TraderRoode – Medium

 

さらに、0xはアプリとしての設計もしやすそうな点も良かったです。僕はプログラマーではないので、プログラミングの良し悪しを判断することはできないのですが、jsで組み立てられていることはわかりました。

jsといえば人気言語です。人気言語で組み立てることができる仮想通貨であれば、詳しい人なら「よくわからないけど、一度実験的に作ってみよう」と思う人もいますよね。

 

さらに、0xのウェブサイトを見ればわかると思いますが、一番下のところに「こんな技術で作っているんだぜ!」というぐらい主張している"Build on 0x"というCTAも気に入りました。

 

f:id:dasblog:20180721202632p:plain

 

良い技術を解放していると、それを使う技術者が増えます。使う技術者が増えるとアプリが増えます。アプリが増えると利用者が増えます。利用者が増えると需要が増えます。需要が増えると、価格も上がります。

価格が上がると、技術者が増えます。(以下ループ)

 

イーサリアムのおかげでブロックチェーンプラットホームが増えましたが、同じように0xのおかげでアプリが増えるかもしれません。

 

0xに期待する未来

0xは通貨同士を高速で交換するプラットホームです。僕は0xにトークン経済の加速化を期待しています。どこの馬の骨かわからない通貨が発行されると、それらは取引所に上場する以外、通貨を他の通貨に交換することができません。

価値を測る手段がないのです。

しかし0xは通貨を発行したらすぐさま上場し、価値の交換ができるようになります。これはすなわち、自分の通貨を発行することができるようになり、さらにそれが価値を持って市場で交換できるようになるのです。

 

僕はこのトークン経済がウェブライターの仕事を抜本的に変えると思います。さらに、ずっと言われていることですが個人の力をエンパワメントするでしょう。

 

 

どこで買えるのか

僕はZaifを経由し、Binanceで購入しています。

手順はZaifでbitcoinと購入します。それをBinanceへ送ります。それからBinanceでBTCとZRXを交換します。

f:id:dasblog:20180721204727p:plain

 

で、ZRXを念のためBinanceに置いておかず、MyEtherWalletに送っています。

 

ぜひ購入する場合は、調べながらやってみてください。

 

 

仮想通貨業界は下火になったとはいえ、技術的には面白いのでまだまだ調べていきたいと思います。